一番早いETCカードの作り方と使い方

高速道路を利用する際にETCカードを使って出口を通過する際、何事もなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

では、万が一出口でエラーが発生してバーが開かない場合はどうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

ゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも開きません。

そのためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

もしバーが開かなかった時には接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後に焦って車外に出ないようにしましょう。

バーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

ほとんどの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますが入り口でETCレーンを通過していれば割引は適用されるので安心してください。

大学進学や新社会人になったのを機に車の免許を取って長期休暇に遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方はクレカは持っていてもETCカードは持っていない方が多いと思います。

ネット上でも春くらいになるとどこで作れるの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの作り方につい書いていきます。

まず最初にETCカードは購入するものではありません。

ネクスコ東日本などの高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的なイメージ通りのクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もし持っているクレカ会社がETCも発行しているなら追加発行の申し込み、ETCパーソナルカードは審査に時間がかかるので基本的にはクレカと一緒に申し込みましょう。

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを申し込もうと思って調べていたところカードを発行する会社によってガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカードで支払いをした時のポイント付与が倍になるなどのさまざまな特典がつくカードもあるようです。

楽天カードを例にすると、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイント付与が2倍になり貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく車に乗られる方や高速道路を使う方は給油時の特典があるカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので申し込む際はいろいろ調べてみてください。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことはありませんか?学生にクレジットカードはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカ申込時の審査において優遇されているので社会人になって審査が厳しくなる前に申し込みをしましょう。

また、審査基準が緩く設定されている以外にもポイント還元率のアップやある年齢まで継続すると自動でゴールドカードにランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車を利用される方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・滞納せずに返済することで個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってからローンなどが組みやすくなります。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?ETCカードを利用している方は多いのではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できるので渋滞に巻き込まれにくいことや休日割引などの料金割引が適用されて一般レーンよりお得という理由がありました。

木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例に挙げると一般レーンでの現金支払い料金が3090円なのに対してETC利用で支払うと料金が800円と2000円以上違います。

また、親となるクレカの特典次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

この前、ネットを見ていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを使って現金レーンでの支払いができるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETC利用時は入口?出口まで無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口?出口の通行に関する情報がわからないため距離料金が適用されません。

ETCレーンエラーで料金所入口が無線通行できない場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを話して処理するカードを渡して車載器に挿入してください。

出口料金所を利用する時に料金所がない入口を通行していた場合は料金算出の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

就職や転勤などで大都市へ引っ越したことにより車が必要なくなった。

そんな方の多くはETCカードを所持していると思います。

カードの解約を考える方は多いのではないでしょうか。

クレカごと解約する方法とETCカードのみ解約する2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなど各カード会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日というように時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したという通知がきたら、磁気テープ部分とICチップ部分をバラバラにするために真二つにハサミを入れ、外から見えない袋に入れるなどした後に燃えるゴミとして処分してください。

知っているようで知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方って曖昧に覚えていませんか。

ネクスコのHPで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレジットカード同様に有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

乗車後に車載器にカードを挿入することになりますが正しいカードの向きで挿入してください。

ETCレーンに入る際はレーンの信号が赤になっていないかの確認とレーン内では時速20km以下の速度で通行してください。

もしカードエラーなど何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、インターフォンで料金所係員の指示に従うようにしましょう。

最近ETCカードが欲しいと思って調べていたところ実は世間に知られていないのではないかと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器がなくてもETCカードは利用可能ということです。

カードは作ったけど車載器がないといった場合にETC専用レーンではなく一般レーンを使い係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

スタッフに手渡しで利用する場合、人件費削減などの人件費削減や渋滞の解消が目的とした部分が手渡しでは意味がありません。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージポイントなどの特別ポイントは付かないことや様々なETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんも車載器がついている場合はぜひETCで通行しましょう。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカを保有するのが不安でクレカはいらないけどETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

そんな方にはETCパーソナルカードという選択肢があります。

このカードはデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額に対して5千円単位(5000?、10000?)で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえクリアできれば長期滞納などでクレカを作れない方でも発行できます。

クレカを保有している方との大きな違いがこの補償金の有無です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

参考:http://www.letteringguru.com/