消費者金融で審査に通りやすいのはプロミスって本当?

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

消費者金融のプロミスは貸金業という法律によって規制されているため銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

カードローンの仕組みを知っていますか?プロミスのカードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息を安くする一番有効な方法なのです。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

これに対して、プロミスのカードローンやクレカなどのローンは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためプロミスのカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

消費者金融のキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

しかし、プロミスのカードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなので借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

ですから、プロミスのカードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組むことになった場合、プロミスのカードローンは解約しておいたほうが無難です。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は優れたものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行プロミスのカードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融のプロミス業者の大多数は銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融のプロミスの方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融のプロミスの方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

お金を借りる方法としてプロミスのカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のプロミスのものと2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のプロミスのキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

そのため、消費者金融のキャッシングの方が銀行プロミスのカードローンよりもデメリットが多いように思えますが、銀行カードローンと比べると消費者金融のプロミスのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

消費者金融のプロミスのプロミスのキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

お金を貸し付けてくれるプロミスなど消費者金融はいろいろありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融のプロミスなどがあります。

クレカ会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融のプロミスというのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

普通、消費者金融のプロミスのキャッシングの金利というと銀行プロミスのカードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行プロミスのカードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融のプロミスの場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行プロミスのカードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

複数の消費者金融のプロミスから借金をしている人のことを多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で手軽に借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため複数のプロミスのカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行プロミスのカードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料という消費者金融のプロミスが多いですから銀行カードローンよりも便利です。

レディースローンを用意している消費者金融のプロミスも多いので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行の他に、クレカでのキャッシングなどがありますね。

最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

プロミスなど消費者金融はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行の金利と消費者金融のプロミスの金利を比較した場合、通常は消費者金融のプロミスの金利の方が高い場合が多いです。

一概に消費者金融のほうが銀行プロミスのカードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

プロミスなど消費者金融で高評価を得る要素は金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれの消費者金融のプロミスも審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

引用:http://www.iconival.com/promise/henka.html