「スギ花粉症」があります。(汗)これは春に発症する花粉症の代表的なものでもあります。春の花粉と言ってもスギ花粉と言うのは九州の方で2月上旬くらい、関東で2月下旬くらい、東北で3月上旬くらいと早春時期くらいから花粉が飛散し始めると言います。ですから、花粉予報も結構早い時期に発表されています。そして、このスギ花粉は、春本番の4月~5月くらいは良く飛散しています。そして5月末くらいまでは花粉症の人には辛い時期になるみたいですね。そして、同じ時期くらいにヒノキ花粉も良く飛散するようです。スギ、ヒノキ、両方の花粉症で悩んでいる人は凄く多いと言えます。そんなスギ、ヒノキの花粉症と言うのは、北海道ではあまり見られない症状でもあります。ちなみに、ハンノキは、3月~5月になります。シラカバは4月~6月と言うことは結構長い時間花粉で悩み続けることになります。シラカバの花粉では、花粉症の症状の他に「果物過敏症」と言う果物を食べることがきっかけで口の中が荒れてしまうアレルギー症状があります。(汗)「花粉症」と効くと春の時期って言うイメージですよね。そんな植物がたくさんあると言うことですね。ですから、最も注意をしなくてはいけない時期だと言うことになります。そんなことで春は花粉症患者が多い季節と言うことになります。こうした各植物の花粉の飛散時期について、飛散量と言うのは、その年によって多少ずれ込んだりする事があると言います。ですから、その年の花粉予報をチェックしてください。(笑顔)

関連ページ